男性

防ダニ加工の敷布団で快適な眠りへ|体に負担がないようにする

体の疲労を確実に回復する

ベッド

モットンは高反発マットレスなので、腰痛や肩こりなどの緩和のほか睡眠不足の解消にも役立ちます。どんな体型にもフィットするので、老若男女問わず使用する事が出来ます。モットンは陰干ししてカビ予防に努めてメンテナンスしていけば、長く使用していく事が可能です。

マットレスで快眠に

マットレスと男性

高反発マットレスは、横になっても体が沈まないので体への負担が少なく、寝返りも打ちやすいです。疲れが抜けない人が高反発マットレスを使うことで、朝起きたときにすっきりするでしょう。慢性的な疲れを取ることが大きな理由です。

ダニのいない布団で寝よう

眠る男性

ダニを寄せ付けないために

高温多湿を好むダニは、人が寝ている布団の中で繁殖しやすくなります。人は寝ている間にもたくさんの汗をかくので、その汗が布団の中にしみついています。布団を干すこともなく、洗うこともなくそのままにしておけば、毎日ダニが発生して死骸や糞もたくさんついている布団で寝ることになります。こまめに洗ったり干すことが大切ですが、敷布団を防ダニ加工のものに変えてダニをよせつないようにする、という方法もあります。ダニが好む湿気がたまりにくい速乾性のある敷布団であることや、洗いやすいものであることが大事です。敷布団は何度も買いかえるものではないので、慎重に良いものを選んだ方がよいでしょう。良い敷布団で眠れば眠りの質も変わってくるはずです。

防ダニ加工の布団を選ぼう

敷布団からダニを完全にいなくなるようにするのは難しいかもしれませんが、ダニを減らすことはできます。ダニはアレルギー症状を引き起こす原因にもなります。死骸や糞が舞い上がったものを吸っていると人体には良くありません。ダニの発生しやすい敷布団を使っている人や、長年洗ってないような敷布団を使っている人は、買いかえを検討したほうがよいかもしれません。ダニを寄せ付けない敷布団には、薬剤を使って防ダニ加工をしたものと、繊維を特殊に加工したものがあります。どちらもダニを寄せ付けないためには有効ですが、薬剤を使ったものは日光あたると効果が薄まるので繊維を特殊加工したもののほうが長持ちする敷布団といえるでしょう。

温めアイテムを活用しよう

女性

寒さは人の行動力を低下させるため、動きたくても動けない状態を生じさせます。しかしこれでは、冷えの悪循環を招きます。温活アイテムを活用して体を温めることで寒くて動けない状態が改善されるので、温活アイテムは温活の良きサポーターとなります。